西田裕子の情報は!?石川県白山市トイレで赤ちゃんを出産!?用水路で遺体が発見された!?

石川県白山氏の公園のトイレで赤ちゃんを出産し、その遺体を用水路に捨てた母親が逮捕されると言う事件が起きました。

この母親の名前は西田裕子(38)と言うことが分かっています。
今回は事件の詳細と容疑者である西田裕子についても見ていきたいと思います!

公園トイレで赤ちゃんを出産、用水路で遺体が見つかる!?

事件は3月3日ごろ、石川県白山市の公園のトイレで起きました。

38歳の母親は公園の多目的トイレで赤ちゃんを出産したと言うのです。

https://www.fnn.jp/posts/1306ITC

当初「赤ちゃんは産んだときに死んでそのまま置き去りにした」と供述していました。
そして13日夜、38歳の母親を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

その後の取り調べでなんと母親は「赤ん坊を自宅近くの用水に流した
などと話したそうです。

そこから捜索していたところ警察は19日午後、公園から2.5㎞離れた白山市内の
用水路で赤ちゃんの遺体を発見しました。

見つかった遺体は身長が45㎝、重さ2500gの男の子で、裸のままの状態で用水路に沈んでいたということです。

20日警察は死亡解剖を行い、詳しい死因を調べるとのこと。

付近の住民が通報!?

3月3日午前10時ごろ、その公園でトイレの中が血だらけになっていると付近の住民が警察に通報したことで事件が発覚しました。

そして警察が現場の血液を調べたところ、

白山市中成の会社員、西田裕子容疑者(38)

が浮かび事情を聴いたところ容疑を認めたと言います。

容疑者 西田裕子のプロフィール

母親である西田裕子の現在わかっているプロフィールを紹介したいと思います。

プロフィール

名前:西田裕子(にしだ ゆうこ)

家庭:夫や子供合わせて6人暮らし

年齢:38歳

住所:石川県白山氏2丁目

職業:会社員

容疑:遺体遺棄

顔画像は現在公開されていないようです。

この西田裕子容疑者は妊娠していたことを隠しており、近所の人達や夫も妊娠に気がつかなかったそうです。

なぜ妊娠を隠していたのか、ネット上では夫とは別の子供なのか?、経済的理由か?
など様々な憶測が飛び交っていますがその真実はまだわかっていません。

ネット上の声

「まだまだ寒い日々になんて酷い事をするんだろう。生まれてきた命を大切にして欲しい」

「18ならともかく、38で夫もいたなら育てられたのでは…?なぜ殺す必要が…しかも用水路に沈めるって。ほかに何か生かす方法がなかったのか。」

「この事件、確か妊娠6ヶ月だったような?
赤ちゃんしっかり体重あったんだね。
それなら産まれてきても充分に生きていける。
悲しすぎる。」

「むごい。
せっかく生まれてきたのに、何で。
育てられないにしたって他に方法あるでしょう。我が子を棄てるとか正気の沙汰じゃないわ」

「赤ちゃんかわいそうに、かわいそうに。」

「不倫相手との間に出来ちゃったから、始末に困ったんでしょう。」

「衝撃。
せっかく命がけで産んだ命。誰かに託してください」

「こんなことが出来る人間の神経がわからない。」

最後に

西田裕子容疑者の供述で警察は公園から2.5㎞離れた白山市内の用水路で男の子の
赤ちゃんの遺体を発見したことがわかりました。

今後詳しい死因を調べていくと言うことです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする