愛媛県西条市14歳男子生徒が体育館で同級生刺す!?2人は仲がよかった!?学校名が明らかに!?

http://www.news24.jp/articles/2019/03/20/07422840….

愛媛県西条市の市立中学校体育館で中学2年生の男子生徒が同級生の男子生徒の後頭部を
ナイフで刺すと言う衝撃的な事件が起きました。

そしてわかったことが刺した生徒、刺された生徒元々は仲が良かったと言うことです。
またこの事件が起きた中学校が現在特定されていると言うこと。

2人の仲は?どこの中学校で事件は起こったのか?さっそく見ていきたいと思います!

愛媛県西条市の中学校で14歳男子生徒が同級生を刺す!?

事件は3月20日午前8時ごろに起きてしまいました。

当時は体育館で25日の終業式前に春休みの説明会で、1、2年生が集まっていたと言います。

説明会前に全員が起立してあいさつ、そして床に生徒達が座った直後、男子生徒が
ポケットからナイフを出しの同級生の男子生徒の後頭部を刺したと言うのです。

刺された生徒は最初何が起こったのかわからず痛てっと後頭部に痛みを感じ、なにかされたことに気がつき、刺した生徒を殴りにいったそうです。

刺した男子生徒は中学2年生(14)で後頭部を刺された男子生徒は同級生で同じく
中学2年生(14)

そしてすぐに先生達が「やめなさい」と駆け寄り、刺した生徒は体育館内の別室に連れて行かれました。床には血痕が残っていたそうです。

https://www.nagoyatv.com/news/syakai.html?id=00015…

ナイフは刃渡り約9センチの果物ナイフで刺された被害生徒は頭蓋骨(ずがいこつ)
骨折で全治3週間のけがをしました。

そして愛媛県警西条署は、刺した生徒を殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。
調べに対し「殺すつもりで刺した」と容疑を認めているそうです。

刺された生徒は出血を防ぐため、後頭部に数センチ刺さったナイフを抜かずに病院に運ばれたとされます。

刺した生徒と被害生徒の関係は!?

他の生徒らの話によると、2人は別のクラスでしたが、当初は仲が良かったと言います。ですが2学期以降に仲が悪くなり、今月に入り、被害生徒が「友達やめよう」と刺した生徒に言っていたそうです。

また同級生によると、刺した生徒は普段からナイフを学校に持ってきて周りに見せていたと言うのです。

それを見ていた被害生徒は「関わらないでほしい」と刺した生徒に向かって言っていたみたいです。

よく男性が行為を寄せていた女性をナイフで刺すなどして殺害してしまうと言う事件がありますが、今回の事件はそれに近いものがあるのではないかと思います。

愛が憎しみに変わる瞬間が一番怖いですね、、、

仲が良かっただけに被害生徒から言われた言葉が心に強くダメージとして残り、憎しみから今回のような事件になってしまったのではないかと、、。

トラブルの内容や刃物を持ち込んだ経緯などを現在詳しく調べているそうです。

事件の現場となった中学校名は!?

この事件は愛媛県西条市の市立中学校体育館で起こったとニュースで報道されていて、
中学校名までは明かされていませんでしたが、すでに中学校名が特定されているとのことです。

その中学校は

西条北中学校」です。

どうやら地元の方がTwitterで学校名をつぶやいたことでわかったそうです。
地元では西条北中として知られているみたいですね!!

Twitter上の声

犯人の情報は未成年でも報道するべきだとの声もありますね。未成年がこういった事件を繰り返せばいつか法律が変わるかもしれません、、、

最後に

中学校の体育館で同級生を刃物で刺すと言う事件は本当に衝撃的なニュースですね。

しかもその刺した生徒は殺意があったことを認めていました。

いくら相手が憎くてもこのような事件は起こしてはいけません。
学校での人間関係、職場での人間関係、問題など生きている限り必ずそういったストレスとも上手く向き合っていかなければいけません。

今後こういった事件は起こってほしくないですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする