麻布学園の地下で火災発生!?花火が原因!?Twitterで大騒ぎ!?

https://twitter.com/

3月6日午後、中高一貫校である麻布学園(あさぶがくえん)の校舎から煙が出ている
東京消防庁に通報がありました。

火は校舎の地下一階から出たそうでなんでも生徒が花火をしていたのだとか!?

さっそくこの火事について詳しく見ていきたいと思います!

麻布学園の地下で火災発生!?花火が原因か!?

校舎から煙が出ていると消防に通報が4月6日午後4時15分ごろにありました。
現場は東京都港区元麻布の麻生学園です。

この校舎は4階建てで火が出たのは地下一階。なんでもこの地下一階はボイラー室で
資材置き場に使われていたそうです。そこで生徒2人が花火をしていたと言うのです。この生徒2人は職員に注意されて花火を片付けたが後始末が不十分だった可能性があるといいます。

その地下一階の資材置き場というのがこちらになります

https://twitter.com/


https://twitter.com/

すごい!?これだけ見るとまるで廃墟の霊スポット見たいですね...

そして火は消防車など19台が出動して消火活動にあたり、約2時間後にほぼ消し止められました。この火事で地下1階の床約10平方メートルが焼けたそうです。

この火が出たのは花火が原因だと考えられていますが警察はさらに詳しい出火原因を調べているといいます。

火災現場である麻布学園の場所は??

麻布学園は中高一貫校で、今まで一度も東京大学合格者数で上位10傑から漏れたことがない
全国で唯一の学校だそうです。

Twitter上では??

最後に

火災当日は400人余りの卒業生が参加するイベントが開催されていたそうで、なにか気分が上がり花火をしてしまったのでしょうか?

花火をしていた生徒2人もまさか火事になりこれだけ大ごとになるとは思ってもいなかったことでしょう...

しかし出火の原因は花火の後始末が不十分であった可能性が高いとされ詳しい出火原因を現在警察が調べています。

なんであれ校内で花火は絶対にしてはいけません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする