大津市 園児2人死亡、容疑者2人泣きだし取り乱す!?レイモンド淡海保育園の会見

https://koku-byakunews.com/archives/28477

5月8日、午前10時15分頃滋賀県大津市大萱(しがけんおおつしおおがや)6丁目の交差点で園児に車が突っ込んだ事故。

この事故の容疑者下山真子(62)と新立文子(52)が取り調べで、突然泣き出したり取り乱したりしているとの情報が入ってきました。

また今回の事故を受け「レイモンド淡海保育園」の園長らが午後6時から記者会見しました。さっそく見ていきたいと思います!

大津市で園児の列に車が突っ込み、2人が死亡

5月8日午前10時15分頃、滋賀県大津市大萱(しがけんおおつしおおがや)6丁目の交差点で自動車事故が起こりました。

この交差点で軽乗用車を運転していた下山真子容疑者(62)と乗用車を運転していた
新立文子容疑者(52)が正面衝突し、そのはずみで軽乗用車が近くの歩道を歩いていた「レイモンド淡海保育園」の園児13人と保育士3人、計16人の列に突っ込んだのです。

右折車と直進車が正面衝突したようです。

この事故で2歳の園児男の子「伊藤雅宮(がく)ちゃん」、女の子「原田優衣(ゆい)ちゃん」が死亡しました。また2歳の男児が頭を強く打ち、集中治療室で治療を受けていて2~3歳の男女8人が足や肋骨(ろっこつ)を折る重傷を負ったい、残りの2人は軽傷だといいいます。

27歳と47歳の保育士女性が病院に搬送されたが軽傷。もう1人の女性(33)も軽いけがをしたということです。

現場近くにいた男性は子どもたちの泣き叫ぶ声と保育士らしき大人の悲鳴が響き、フェンスと車の間に複数の子どもが挟まれ、血を流してぐったりしているのが見えたといいます。

レイモンド淡海保育園」の園児と保育士は散歩中で信号待ちをしていました。

警察は運転していた軽乗用車を運転していた下山真子容疑者(62)と乗用車を運転していた新立文子容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕したとのことです。

逮捕された下山真子容疑者と新立文子容疑者が取り調べで突然取り乱す!?

事故が起きた今日5月8日、下山真子容疑者と新立文子容疑者の警察による取り調べが終了したとの情報が新たに入ってきました。

容疑者2人はどちらもぽつぽつと当時の状況を話し始めたということでしたが、急に泣き出したり、突然取り乱したり当時の詳しい状況をはっきりと話すところまでは至っていないと言うことです。

現在わかっていることが現場には目立ったブレーキ痕がなく、目撃情報などからもどちらの車もそれほどスピードは出ていなかったのではないかということです。

警察は、容疑者2人の容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査、そして9日以降は現場の防犯カメラやドライブレコーダーの映像などを調べるとしています。

「レイモンド淡海保育園」が記者会見

今回の事故を受け、保育園の園長らが午後6時から記者会見しました。
その映像がこちらになります。

記者会見についてTwitter上の声

最後に

下山真子容疑者と新立文子容疑者のこの2人急に泣き出したり、突然取り乱したり当時の詳しい状況をはっきりと話すところまでは至っていないと言うことがわかりました。

取り返しのつかないことをしてしまい動揺しているとは思いますが、しかし子供を殺された親の気持ちを考えてしっかりしてほしいものです。

記者会見の方も保育園側の方は悪くなく記者が攻めすぎとの意見がありましたがまさにその通りだと思います。保育園側は被害者ですからね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする