川崎市登戸の殺傷事件、犯人の名前がついに公開!! 栗林華子さん小山智史さんが死亡、最新情報!

5月28日午前7時45分ごろ川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺すという事件が起こりました。

この事件で小学6年生の女の子と39歳男性が亡くなりました。
また犯人も自分の首を刺して、後に死亡が確認されました。

その犯人の51歳男の名前が公開されたということです。

今回は被害者2人について、さらに犯人の名前や顔画像についてさっそく見ていきたいと思います!

川崎市登戸で殺傷事件、2人が死亡

https://buzztrend.net/%E6%A0%97%E6%9E%97%E8%8F%AF%…

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺した。

小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。

110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が、刺したとみられる男を確保。男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査している。

 県警によると、警察官が現場東側の植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与したとみている。川崎市麻生区に住む51歳の男とみられ、他にも2本の包丁を所持していた。県警が身元や動機の解明を急いでいる。

 現場は小田急線登戸駅の近くで、県警によると同駅から北西に約1・5キロにある私立「カリタス小学校」(川崎市多摩区中野島)のスクールバスを待っていた小学生らが襲われたとみられる。小学生らを迎えに来たバスの運転手は「両手に包丁を持った男が西からバスに向かってきて、いきなり並んでいる子どもを刺した」と話しており、運転手が男に「何をしている」と言うと、男はその場で自分の首を切ったという。

 バス停の西側にあるコンビニエンスストア周辺に血痕があり、死亡した30代男性と重傷の40代女性はこの辺りで襲われた可能性がある。

 川崎市消防局によると、負傷者らは聖マリアンナ医科大病院や川崎市立多摩病院、新百合ケ丘総合病院、日本医科大武蔵小杉病院に搬送されて治療を受けた。死亡した女児と30代男性が搬送された武蔵小杉病院によると、2人とも首を深く切られていた。

 目撃情報によると、現場付近の歩道には少なくとも約50メートルにわたって複数の被害者が倒れていた。バス停の近くに止まっていたスクールバスのそばに小学生とみられる女児が倒れ、その西側に大人2人が倒れていた。心臓マッサージを受けている被害者もおり、腹部周辺に血がにじんでいたという。

 神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は、学校法人カリタス学園が1963年に設立した。カトリック教育を重視し、系列の幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人)。小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行している。【池田直、国本愛】

https://headlines.yahoo.co.jp/

今回亡くなった被害者は小学6年生の栗林華子さん(11)と小山智史さん(39)になります。

他の被害者情報は重軽傷17人(40代女性1人、小学生女児15人、男児1人)となります。

犯人である51歳の男は現場近くで自分の首を切って倒れて、一時意識不明の重体となっていましたが午前10時38分搬送先の病院で死亡しました。

栗林華子さんのプロフィール

名前:栗林華子(くりばやし はなこ)

年齢:11歳

住所:東京都多摩市

学校:カリタス学園

死因:首に一か所の刺傷

今回の事件で亡くなってしまった小学6年生の栗林華子さんですが、現在顔画像などは公開されていないようです。今後ニュースなどで公開されるのではないかと思います。

小山智史さんのプロフィール

名前:小山智史(おやまさとし)

年齢:39才

住所:東京都世田谷区

職業:外務省(広報文化外交戦略課の職員)

死因:背中や首などに計4カ所、刺傷や切り傷

ネットニュースでは外務省の広報文化外交戦略課の職員ということで、かつてはミャンマーの大使館にも勤務経験があるといい、日本とミャンマーの交流に役立ちたいと話していたといいます。

外務省職員は「本当にいい人だったのでショック。家族思いだった」と話しています。

犯人の51歳男の名前や顔画像は??

ついに犯人の名前が公開されました。それでは名前とプロフィールを見ていきたいと思います。

名前:岩崎隆一(いわさきりゅういち)

年齢:51歳

職業:不詳

住所:神奈川県川崎市麻生区

岩崎容疑者の顔画像はいまだに公開されていないことがわかりました。
犯行時の服装は黒の半そでシャツにジーパン姿で髪型は坊主頭だったということです。

犯人の名前は読売新聞の夕刊に記載されていたようです。

週刊ポストが犯人の男の自宅に電話!?

犯人である川崎市麻生区に住む51歳の男。なんでも週間ポストが親族とみられる男性と接触することに成功したようです。

神奈川県警が動機や背景の捜査を進めている中、本誌・週刊ポストが確保された男の自宅に電話すると、親族とみられる男性と接触することができた。

記者が名乗った上で、確保された男の名前を告げて「そちらに(住んで)いるのか」と聞くと、「いるような、いないような」と回答した。以下、一問一答だ。

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、男は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」

 このあと、男の生活状況について尋ねたが、電話は切られた。男が死亡した中で、事件の動機や背景にどこまで迫れるか。捜査はこれから本格化する。

◆取材/宇都宮直子(ジャーナリスト)

親族の男性とはいったい、また男はほとんど自宅にいなかったと言うことです。
訳ありなのか謎が多いですね、、、今後新たな情報を待ちましょう

最後に

51歳犯人の名前がついに公開されました。犯人である岩崎隆一(いわさきりゅういち)
容疑者の顔画像はまだ公開されていないようです。

18人がケガをし、2人が死亡、犯人も自ら首を切り命を落とすという衝撃的な事件、今後も新たに情報が入り次第更新していきたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする