千家和也 死去!?現在の写真や死因は??様々ヒット曲を生み出した作詞家になにが??

「終着駅」や「ひと夏の経験」「わたしの彼は左きき」また「ルパン三世愛のテーマ」でも知られる作詞家の千家和也 (せんけ かずや)死去とのニュースが入ってきました。

73歳ということで死因はいったいなんだったのか?

今回は千家和也 死去についての詳細と現在の写真(亡くなる前の写真)またヒット曲なども合わせて見ていきたいと思います。

千家和也 死去!死因は??

作詞家の千家和也(せんけかずや)さん73歳が6月13日に亡くなっていたことが26日に分かりました。

死因はいったいなんだったのか?現在その理由については明かされていないようです。
ちなみの葬儀、告別式は近親者のみで行ったことが分かっています。

千家和也の現在、写真


https://middle-edge.jp/articles/Do9Cn

千家和也(せんけ・かずや)さん73歳の本名は村越英文(むらこし・ひでふみ)と言います。

生年月日:1946年

出身地:千葉県

死没:2019年6月13日

学歴:早稲田大学教育学部中退

ジャンル:歌謡曲

職業:作詞家、小説家

活動期間:1970年代~

共同作業者 なかにし礼

なかにし礼さんに師事し作詞家デビュー。昭和47年に奥村チヨさんの「終着駅」で日本レコード大賞作詩賞を受けた。「ひと夏の経験」をはじめ山口百恵さんの曲を多く手がけたほか、麻丘めぐみさんに「わたしの彼は左きき」などを提供しアイドル歌謡の時代を演出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/

1982年には、本名で書いた小説「だから言わないコッチャナイ」で、第60回オール讀物新人賞を受賞しています。

千家和也のヒット曲

ここでは千家和也が作詞したヒット曲を映像と共に見ていきたいと思います。

「終着駅」奥村チヨ

「ひと夏の経験」山口百恵

「わたしの彼は左きき」麻丘めぐみ

「なみだの操」殿さまキングス

「年下の男の子」キャンディーズ

「そして、神戸」内山田洋とクール・ファイブ

「花の子ルンルン」堀江美都子

「魔女っ子メグちゃん」アニメ

「魔女っ子メグちゃん」アンジュルム

 『愛のテーマ』エンディング

世間の声

「驚き、大きなショックを受けています。
千家和也さんが山口百恵さんに書いた詩はどれも素晴らしく大好きです。
これからも聴き続けます。
心に残る多くの歌を残してくださりありがとうございました」

「『ひと夏の経験』の妖しい神秘的なイントロが、頭の中でリフレインしてます。阿木宇崎コンビにバトンタッチするまで、百恵ちゃんの殆どの曲の作詞が千家さんでした。
この曲の大ヒットで、天地真理、アグネス・チャンを抜いて、アイドルのトップに立ちましたね。
都倉俊一さんと共に、初期の百恵ちゃんを支えた方です。
ご冥福をお祈り致します。」

「千家和也さん、懐かしい。
ヒットメーカーとして活躍されていましたね。どれも耳に残る曲。歌詞が生かされていた時代。曲名が出ると歌詞が直ぐでます。
安らかに、合掌。」

「曲名を見ただけでそのメロディーが頭の中に浮かんできます。」

「ひと夏の経験の歌詞は、当時中学生だった私には
かなり衝撃的だったなぁ。終着駅もこの人やったんや。」

「山口百恵&阿久悠の因縁を思い出した。ご冥福をお祈りします」

「また一人、昭和の巨匠が消え逝く、、、」

最後に

千家和也 死去についての詳細と現在の写真、また過去のヒット曲についてお届けしました。

この世代の人達から千家和也さんの手がけた曲はどれも名曲だとの意見があるほどなので亡くなってしまったのは残念であり寂しい気持ちになりますね...

千家和也さんが作詞した曲は今後も皆の思い出として残り続けるでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする