スイス女子代表MF 遺体発見!?なぜ湖に飛び込んだのか!?

7月2日、女子サッカースイス代表のフロリヤナ・イスマイリさん(24)の遺体が発見されました。

イスマイリさんは6月29日に湖に飛び込んでそのまま浮かんでこなかったといいます。
そして行方不明ということで捜索活動が続けられ遺体が発見されたのがその3日後でした。

彼女はなぜ湖に飛び込んだのか?気になりますよね!
さっそく詳細を見ていきたいと思います。

スイス女子代表「フロリヤナ・イスマイリ」の遺体発見

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?278484-278484…

【AFP=時事】イタリア北部のコモ湖(Lake Como)で行方不明になっていた、サッカー女子スイス代表のフロリヤナ・イスマイリ(Florijana Ismaili)が、2日に遺体で発見された。消防が発表した。

 24歳のイスマイリは、先月29日の午後に「水に飛び込んで、そのまま浮かんでこなかった」ため捜索が続けられていたが、行方不明の知らせから3日後、水中ロボットを使った捜索で、水深200メートル以上もある場所で発見された。

湖に飛び込んだイスマイリさんを消防士や湖の救助チームが捜索を続けていましたが見つからず、そして水中ロボットを使った捜索をしたところなんと水深204mの場所で遺体を発見したといいます。

なぜフロリヤナ・イスマイリさんは湖に飛び込んだのか?

イスマイリさんはなぜ湖に飛び込んだのか?世間の声でも「何故飛び込んだのか教えてほしい」との声が上がっています。

事故が起きた日をもう一度整理すると、女子サッカースイス代表のフロリヤナ・イスマイリさんは6月29日午後、友人とスイス国境から約20キロ離れたコモ湖畔の町、ムッソ近郊でボートをレンタル。

そしてその湖にフロリヤナ・イスマイリさんは飛び込んだということです。
なぜ飛び込んだのかについて詳しいことはわかっていませんが、現地メディアでは友人と遊んでいたところ、水中に飛び込んだのを最後に連絡が取れなくなっていると報じられていることから友人遊んでいるうちにテンションが上がりノリで飛び込んでしまったのではないかと推測されます。

世間の声

「湖に飛び込んで何日間も見つからなかったから
絶望的だと思っていた日本はこれから暑くなってくるから水の事故が
多発しないことを願う」

「駄目でしたか…。コモ湖は有名な避暑地だそうですが、イスマイリ選手はどういう状況で事故になったのでしょうか。お気の毒です。」

「水がつめたかったのか。いきなり飛び込むと心臓麻痺で死ぬ。アスリートでも不注意だ。」

「世界的に温暖化現象が起きている。飛び込みたい気持ちは分からなくもないが、しっかり水浴びてから飛び込まないと、悲惨な結果が待ってるってことだよ。今年も夏はやってくる!飛び込みする前にカラダをならしておこう!!」

「水深すごいんだね
そんな深い湖に飛び込んじゃったのか友人が一緒で
すぐに捜索が始まったみたいなのにどうして見つからないんだろうって思ってた
ご冥福をお祈りします」

「そもそもなんで飛び込んだんだろうね?おふざけで?だとしたら浅はかな行動が悔やまれるね。それにしても水深200メートルって、メチャクチャ深い湖だったんだね。」

「現役選手が不慮の事故で亡くなるのは本当に悲しい。
ご冥福をお祈りします。」

最後に


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190701-0…

スイス女子代表MF 遺体発見、なぜフロリヤナ・イスマイリさんは湖に飛び込んだのかについてお届けしました。

友人と遊んでいる中、悪ノリで飛び込んで溺れてしまったのだと推測されます。
まだ24歳と若いアスリートが亡くなってしまうのは残念で悲しいですね...

フロリヤナ・イスマイリさんのご冥福をお祈りいたします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする