スマイリーキクチ 危惧の真相は?過去10年間ネット上で攻撃を受けていた!?

リンク


http://sutakorasacchan.com/post-5765/

スマイリーキクチ 危惧(きぐ)」という検索ワードが話題となっています。

大分県でバーベキューをしていた観光客18人が孤立し、救助された事故についてお笑いタレントのスマイリーキクチ(47)さんが15日、自身のツイッターを更新しました。

そんな彼はデマ情報を流されネットリンチに遭っていた過去を持っています。
今回の事故とどういった関係があるのか?さっそくスマイリーキクチ 危惧についての詳細を見ていきたいと思います!

スマイリーキクチ 危惧についての詳細

8月15日、お笑いタレントのスマイリーキクチ(47)さんが自身のTwitterを更新しました。その内容は大分県玖珠町・大谷渓谷でバーベキューをしていた子どもを含む観光客18人が台風10号の雨で増水し孤立、救助されたニュースについてです。

危惧うまくいかないのではないかと、あやぶむこと。

スマイリーキクチが投稿したツイート

スマイリーキクチさんは1999年8月、神奈川県山北町玄倉川の中州でキャンプをしていた観光客が大雨による増水で流され、13人が亡くなった事故をリアルタイム見ていたようです。このため水難事故の恐ろしさを知っていることから、なんでBBQをしたのかとコメント。

また「当時は遭難者が勤める会社に抗議が殺到して、社長がテレビで謝罪をしていたのを思い出す。今はSNSが普及して瞬く間に個人情報が特定されて拡散する。非はあるにしても救助された人がネットリンチに遭わなければいいな。」とコメントしています。

スマイリーキクチが危惧する理由は?

スマイリーキクチさんが危惧するのは救助された人達の個人情報が漏れ、ネットリンチに遭うのではないかといった理由です。この大分県BBQ増水孤立の事故は台風がきているのにも関わらず危険な場所でバーベキューを行っていたことから非難の声が殺到していました。

スマイリーキクチさんは過去に「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人というデマをネット上で流され約10年間に渡って脅迫され続けた過去があるのです。

世間の声

「馬鹿は叩かれないと治らない
とはいえネットリンチは良くない」

「いくら悪いからって個人情報晒すのはどうなのよ
それこそ犯罪じゃんでも多分悪い奴らだ晒そうって正義ぶってるんだろうなー」

「遭わなければいいな、って押すなよ押すなよって言ってるのと同じに聞こえる」

「ネットリンチは、誰でもいやですよね。考えて行動すれば良いだけ。」

「そうやってネットで叩かれるから救助を呼ばない人もいるんだってね
それで亡くなったららネット住民はある意味殺人者でもその罪悪感は全くないんだろうね」

「キクチさんの発言は被害者体験があるから、俺らが言うより重みがあるし、影響力があると思う。だから言うけど、却って呼び水にもなる、リスキーな発言でもある。キクチさんの発言をみて始める奴もきっといる。ネットリンチをね。」

「スマイリーさんみたいに何も悪くない人間ではない、台風来るというのに行くような非常識な人間共はネットリンチに遭って当然だと思うけど。」

「スマイリー氏のツイッターで初めて大分のBBQの1件を知った人も多いのでは?
だとしたら、この人のツイッターがむしろ火に油を注いでるなんて事はない?」

最後に

スマイリーキクチ 危惧についての詳細と世間の声をお届けしました。

世間の声を見てみるとスマイリーキクチさんのツイートにより逆にネットリンチを誘発させてしまうのではないかと心配するコメントも複数寄せられています。

これは本当に難しい問題ですが、なんであれネットリンチなどは今後起こってほしくないものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク2