山之内すずはかわいくない、ゴリ押しされているって本当なのか!?

リンク

https://www.bing.com/images/

山之内すずさんと言えば「ティーンのカリスマ」と呼ばれ、クリッとした瞳と黒髪ショートカットが似合う、若い男女に圧倒的に人気のあるタレントです。

しかし、一部のネット上ではかわいくないとかゴリ押しされてテレビ出演しているという噂があります。

果たして、真相は?詳しく追跡してみたいと思います。

山之内すずさんのプロフィール

https://www.bing.com/images/

本名:山之内鈴(やまのうち・すず)

生年月日:2001年10月3日 19歳

出身:兵庫県神戸市

身長:163cm

血液型:B型

趣味:歌うこと、喋ること、料理

特技:TikTok、ダンス、編み物、鉄棒、スケート

モットー:とにかく楽しむ

事務所:インキュベーション

略歴

芸能界入りのきっかけ SNSにあげた1枚の写真から美容師さんがサロンモデルに誘い、さらにその美容師さんがアップした画像を見て、事務所のスタッフが神戸までスカウトに来た。

2019年1月、恋愛リアリティ番組「白雪とオオカミくんには騙されない」で注目を集める

2019年7月「林先生の初耳学」でブレークする。

主な出演番組:ダウンタウンDX、ヒルナンデス、サンデージャポン行列のできる法律相談所、世界一受けたい授業など

映画:ゆうなぎ、Color of Love

主なCM:PayPay(ソフトバンク)

山之内すずさんは可愛くないとの噂の真相は?

山之内すずさんの魅力はというと次の点が挙がります。

・十代らしい自然なふるまいと明るさがある。

・頭の回転がはやく、バラエティのコメントが適格である。

・笑顔がチャーミングである。


https://www.bing.com/images/

またB76,W56,H81とスタイル抜群なのも魅力的です。

SNSでも可愛いという声が圧倒的ですが、なかには嫌い、ダサい、可愛くないという声もあります。

こんな声があります。

♦顔が可愛くない

個性的な顔立ちで好き嫌いの二極化しやすい。

「目が離れすぎている」「口がアヒル口でだらしない」「顎がない」「目がアイプチ」

なんとまあ、好き勝手言っていると思われるのですが・・・。

因みに山之内すずさんの中学時代の写真を見るとはっきり二重瞼でした。

個人的には何も特徴がないよりは少し特徴のある顔の方が親しみやすく、個性として伸ばしていけるのではないかと思います。

♦関西弁がウザい。

これも親しみやすさと取るか、ウザイと取るか分れるところですが、山之内すずさんが嫌いな人にはウザく感じられてしまうのでしょうね。

キャラとしていいのではないでしょうか?

どうして批判的な声があるのでしょうね。

本当に可愛くないと思っている人は少数だと思われます。

根本的な理由があるように思います。

それは今年(2020年)に入り山之内すずさんのテレビ出演回数が増えたからではないでしょうか。

SNSと違って、テレビに映る回数が増えるとどうしても「また出ている」「よく出るね」などとちょっとしたウンザリ感に陥ってしまいます。

そこでどうしてもイチャオモン的行動を示したくなる、そのような嫉妬心からかわいくないなどと批判的な意見が上がるのでしょう!

山之内すずさんはゴリ押しがひどい!?

https://curia.blog.jp/archives/30659848.html

「山之内すずさんはゴリ押ししてテレビに出ている」という噂があります。

これも先程のテレビ出演回数増加とリンクしています。

確かにざっと調べてみると7月は週7本、8月に至っては週13本(数字は定かでない)テレビの出演番組がありました。

正に超売れっ子です!

これを視聴者がどう捉えるかです。

一部の視聴者の中には山之内すずさんがゴリ押ししてテレビ局に売り込んでいると考えている方がいても当然かもしれません。

しかしよく考えてみるとテレビ局並びにメディア側はそんなに甘いものではないことがわかるでしょう。

実際、それはあり得ません。

そこにはテレビ局メディア業界の構造が起因しています。
むしろゴリ押ししているのはテレビ局側なのです。

テレビ局の制作をしている方々は元来、保守的な考えの人が多いです。あまりキャスティングにリスクを負いたくないと考えています。例えばある出演者が視聴率アップにつながったと判断すれば他局も「右に倣え」するのです。

従ってある番組でウケた(評判のよかった)出演者にオファーが集中しやすくなってしまいます。

当然、事務所としてはオファーがくれば断ることはしません。

事務所側の事情としては才能のあるタレントに稼いでもらって事務所の経営を成り立たせていかなければなりません。

特に山之内すずさんが所属する「インキュベーション」という事務所は2013年設立の新興の会社です。

若いモデルを20名、スタッフも15名います。

看板スターに育った山之内すずさんに少しでも多く稼いでいただきたいというのが本音でしょう。

その間に次のスターを育成するのです。

こうしてテレビ局側と事務所の利害が一致したというのが真相であると想像します。

まとめ

この投稿をInstagramで見る

山之内すず(@suzu____chan)がシェアした投稿

「山之内すずさんが可愛くない、ゴリ押しがひどい」というについてご紹介してまいりました。おそらく、それらは大半が山之内すずさんがテレビに露出する回数が増えたことからきている偏見に起因しています。

山之内すずさんは端から見るとテレビ局側、事務所側の犠牲になっている感が否めません。

これから女優業に進出したいという希望を持っています。20代に突入し、どんな演技をみせてくれるのか楽しみです。

読了いただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク2