佐藤善一容疑者の車が歩道に突っ込む!女性2人が大ケガ!?野に放たれた老人は危険

5月13日午後、山形市で佐藤善一容疑者(72)が運転する

普通乗用車が歩道に突っ込むという事故が起こりました。

この事故で女性2人が大ケガをしたとのことです。
今回は事故の詳細と佐藤善一容疑者(72)についてまとめてみました。

佐藤善一容疑者が運転する車が歩道に突っ込む!

事故は13日午後2時過ぎ、山形県山形市本町1丁目の市道で72歳の
男が運転する普通乗用車が突然、歩道に乗り上げ、歩いていた女性2人をはねたものです。

はねられたのは親子で、母親の東海林とし子さん(71)が頭を強く打ち、
娘の大友里美さん(45)が腕を骨折する大けがをしました。

 警察は車を運転していた団体職員、佐藤善一容疑者(72)を過失運転致傷の容疑で現行犯逮捕しました。

事故現場は佐藤容疑者の自宅前で、車を出発させてすぐ反対側の歩道に突っ込みました。警察は佐藤容疑者がアクセルとブレーキを踏み間違えたものとみて調べています。

佐藤善一容疑者(72)がブレークとアクセルを踏み間違えたことにより、事故が起こったと見られています。

この事故で母親の東海林とし子さん(71)と娘の大友里美さん(45)が重傷を負いました。

また高齢者による自動車事故が起こってしまいました。最近高齢ドライバーの事故が本当に多いので運転できる年齢の上限が決められる可能性もあります。

事故現場

事故が起こったのは山形県山形市本町1丁目の市道です。

ここは片側1車線の直線道路になっています。

佐藤善一容疑者のプロフィール、顔画像

名前:佐藤善一(さとう ぜんいち)

年齢:72歳

職業:宗教法人職員

住所:山形市本町1丁目

容疑:過失運転傷害

現在佐藤善一容疑者の顔画像は公開されていないようです。

佐藤容疑者は自宅前で車を発進させてすぐ反対側の歩道に突っ込みました。


アクセルとブレーキの踏み間違えとみられています。

世間の声

「こちらは即逮捕。事故は毎日どこかしらで起きてるだろうけど、あの池袋の上級国民はいまだに逮捕されてない。入院も含め、そんな事で忖度される身分て腐ってるなと思う。」

「加害者は霊柩車に乗れ。」

「アクセルとブレーキを踏み間違える、ハンドル操作もできない、運転やめなよ!」

「警察は何故老人を野放しにしてる!」

「歩道もうかうか歩いていられないよ」

「今日もまた… 恐らく明日も…」

「もう高齢者は車を運転しないほうがいい。」

最後に

今回は佐藤善一容疑者(72)の車が歩道に突っ込み、女性2人が大ケガをするという事故でした。

本当に高齢ドライバーの事故が後を絶ちませんね、、、ここ最近特に多くなってきているように思えます。

今後さらに増え続けていけば、新たな制度が生まれる可能性があります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする