ブラックホール撮影に成功とは!?記者会見終了後も世間の興奮おさまらず!?

ブラックホールを撮影を目指している国際研究チームが4月10日夜に世界同時記者会見でその結果を発表すると言うことで世間が注目しています。

そして記者会見が終了し、その中でブラックホールの画像が公開されました!!

ブラックホール公開画像とツイッター上の意見も見ていきたいと思います。

ブラックホール撮影を目指す研究チーム

ブラックホール撮影を目指す研究チームは2017年4月、南米・チリのアルマ望遠鏡や米ハワイ、南極など世界6カ所、計八つの電波望遠鏡を使って一斉に観測していました。そしてデータを合成し画像化する分析を続けていたといいます。

この研究チームが観測の対象としていたのは、天の川銀河の中心にあるブラックホール
「いて座A*(エースター)」と、おとめ座にある銀河「M87」にあるブラックホールだとのこと。

ブラックホールは、重力が極めて強く、周囲を回る星の動きやガスを観測することで間接的に存在を確認されていたが、直接その姿が撮影された例はないと言うことで今回撮影に成功すれば世界初となります。

そもそもブラックホールとは??

ブラックホールと聞いたら、マンガやゲーム、アニメなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか??まず実際に地球にブラックホールが出現するなんて想像できないですよね。

改めてブラックホールについて見ていきたいと思います!

ブラックホールとは極めて高密度かつ大質量で、強い重力のために物質だけでなく光さえ脱出することができない天体である。
ウィキペディアWikipedia

光さえ脱出できないと聞くと本当に恐ろしいですね...

その強烈な重力により光すら抜け出すことができず、そのものの観測はできないと言われていました。そして引き寄せられるガスなどの物質が周囲に作る「降着円盤」が放つX線などの
観測が進められていたが、解像度や感度が足りず、ブラックホールの輪郭に迫る観測は成功していなかったとのこと。

Twitter上の声

記者会見でブラックホール画像が公開!?

記者会見でおとめ座にある銀河「M87」にあるついにブラックホールの映像が公開されました!!

今回の撮影成功はノーベル賞級の成果だそうです。

このブラックホールの特徴

今回撮影に成功したブラックホールは5500万光年離れたおとめ座のM87銀河の中心にある巨大ブラックホールで太陽の数十億倍の質量を持つといいます。

周囲にあるガスは、ブラックホールに引き込まれるときに明るく輝く。これを撮影することで、ブラックホールの存在を円形の影として浮かび上がらせることに成功したとのこと。

 ブラックホールの周囲では、強い重力によって空間がゆがんでおり、この影響で周囲のガスから出た光が曲げられ、輪のように見える様子も捉えました。

宇宙にブラックホールが存在することは周囲の天体の動きから間接的に分かっていたが、直接捉えたことで「究極的な証明」(チーム)となった。穴の形を理論上の予測と比較することでブラックホールの性質解明や、重力が強い空間で既存の物理法則が成立するかを検証するのに役立つとのこと。

記者会見後のツイート上の意見

キン肉マンに出てきたブラックホールと勘違いした人も

Twitterのトレンドでブラックホールとあるのを見て一瞬キン肉マンに出てきたキャラクター、である悪魔超人の1人ブラックホールと勘違いする方もおられたようですね(笑)

https://xn--nck4eqcb4308dnjuak0r.gamematome.jp/gam…

情報をまったく知らない人の場合、まさか本物のブラックホールのことだったとは思ってもみなかったと思います。

また仮面ライダーエボルのブラックホールフォームだと言う方も

https://akkinews.net/archives/157694

これは完全にノリで言ってるのかな??・・・(笑)

最後に

記者会見では人類が初めて目にしたブラックホールの姿だと言っていました。
会見も長時間にわたり行われており、難しくかなり内容の濃いものでしたが素晴らしい功績をあげたと言うことは世間に伝わったと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする